メディオスターNextPro,脱毛,脱毛効果,痛み

  • メディオスターNextProの口コミや効果が知りたい!
  • メディオスターNextProなら痛みがないって本当?
  • メディオスターNextProの脱毛効果や体験談が知りたい!

医療レーザー脱毛には高い脱毛効果があると言っても、施術中の痛みに耐えられるか不安な方は非常に多いです。

そこで最近 脱毛効果はそのままに、痛みにを大幅に抑えられたメディオスターNextPROという医療脱毛機器に注目が集まっています。

施術中の動画を見てもらえれば、どれだけ痛みを感じにくいのかをおわかり頂けると思いますし、症例写真もご紹介していきます。

キャラ

メディオスターNextPROの主な特徴としては、痛みの大幅軽減・施術時間の短縮・脱毛期間の短縮が挙げられます。

メディオスターNextPROの口コミについて調査してみると、以下のような口コミを見つけることができました。

メディオスターNextPROの口コミ・体験談

ポジティブな口コミ・体験談

口コミ

導入されて間もないので、従来と同じような効果があるかは未知数な面もあるが、スレでも動向が注目されている。

メリット→泥棒髭・赤み・毛嚢炎になりにくい、産毛にも効く、痛みが少ない(※ただ個人差はあって、バチバチ連射されると痛い、アレキの痛みよりはマシなど)。

デメリット→長期的にみた効果や症例がまだない、金額が高い、無制限プランがない。

口コミ

メディオスターなら退行期も効果あるよ。休止期だけは無理っぽい。

口コミ

今ヒゲを脱毛しようとしてる人はあと何年か待てばいいと思うよ
脱毛器はちょうど今、過渡期を迎えてるし
蓄熱式のメディオスターPROみたいな機種がこれから大手以外にももっと普及してくれば、客の回転率も上がるし、価格競争でこれからどんどん安くもなってくる

痛みもほとんどないし、日焼けもあまり気にしなくてよくなる
通う回数も少なくなってもっと効率的に脱毛できるようにあと数年でなってくるはずだ

口コミ

口周りの髭が一番最後まで残ってるけど、他は程よく綺麗に減って青髭も解消できた。
メディオスターだから痛くねーし、マジこれいいわ。

口コミ

メディオスター普通に痛かったけど麻酔無しで耐えれたってことはやっぱ普通よりは軽減されてんのかな
今度メディオスターで打ってもらえるなら麻酔有りでやろう

口コミ

メディオスター3回目から2週間ほど。
見えるヒゲだけでいうと、

鼻下→7割減
口下→3割減
頬→7割減
もみあげ→2割減(減らねぇ怒)
顎下→9割減

痛みは多少あるけど我慢できる程度。鼻下とエラの辺りだけピリピリするくらい。
迷ってる人の参考になれば。

メディオスターNextPROであれば従来の医療脱毛よりも肌トラブルになりにくいであったり、痛みがほとんどないのにしっかりと脱毛効果を実感できている方々も多くいるようです。

肌質や毛質によっても脱毛に最適な医療レーザーは変わってきますから、もし今現在受けている施術で脱毛効果が実感できないのであればお試しで受けてみるといいかもしれませんね。

ネガティブな口コミ・体験談

口コミ

メディオスター NEXT PRO が出始めた当初は白髪でも脱毛できるって
喧伝してたんだけど、最近は白髪は脱毛できないとか、手のひら返しやがった。

おいおいテストしてから商品化したんじゃないのかよ、と言いたい。

なんらかの薬を塗りこんでバルジ領域にマーキングしてからレーザーアタックするとか
今後の技術開発に期待するしかないでしょう。

口コミ

鼻下は、生えなくなったように見えても遠目にみるとまだまだ青くみえると思う。
ならそれは皮下の奥深くに黒い髭の種があるっていうこと。
メディオスターでバルジを攻撃するより、普通のレーザーで 16J/cm2 くらいの強力さで
皮膚の深層部の残りをやっつけた方がいいんじゃない。

口コミ

メディオスターで脱毛した翌日、そんなに伸びないから剃ってないけど、翌々日剃ったらちょっとまだヒリヒリする。

痛くないし、泥棒ヒゲでもないけど、大体3日後くらいから、また普通に深ゾリしてる。

白髪やブロンド・金髪にはメディオスターNextPROは対応していないというものも見受けられました。

また、まだまだ症例実績が従来の医療脱毛機と比較すると少ないため、脱毛効果を疑問視したりもう少し時間を空けてから使うべきでは?と考えている方も多いようですね。

もし、どうしてもメディオスターNextPROの脱毛効果を信じられないのであれば、痛みは伴いますが従来のアレキサンドライトレーザーなどで脱毛施術を受けると良いと思います。

それでは続いて、メディオスターNextPROの特徴やメリットについてご紹介していきます。

メディオスターNextPROの特徴・メリット

蓄熱式のレーザー照射だから痛くない!

キャラ

IPL(インテンス・パルス・ライト)方式の場合には、一度に施術部位に対して1回しかレーザー照射を行わないため 一度で十分な脱毛効果を得るために非常に高い出力でレーザーが照射されます。

その結果、一気に肌表面の温度が上昇してしまうことで火傷などの肌トラブルが発生してしまうリスクが高まっていました。

その一方で、メディオスターNextPROが取り入れているSHR方式であれば、脱毛レーザーを複数回に分けて照射して行って最終的に毛髪の再生をコントロールしているバルジ領域という部位を破壊する仕組みになっています。

IPL(インテンス・パルス・ライト)方式のように急激な温度上昇ではなく、徐々にじわじわと温かくなるような感覚ですから、SHR方式では肌トラブルの危険性や痛みがほとんどありません。

バルジ領域って何?

ちなみにバルジ領域とは、脱毛治療の研究の結果2000年から2001年ごろに発見された幹細胞のことを指します。

幹細胞は新しい細胞をどんどんと増やしていくものですが、バルジ領域では毛髪の生成・生育重要な働きのある細胞を作りだす働きがあります。

バルジ領域から作り出される発毛因子によって毛母細胞が作られるため、バルジ領域を破壊することで新しい毛母細胞の生成・毛髪の生育を防げるという仕組みになっています。

 

メディオスターNextPro,脱毛,脱毛効果,痛み

SHR方式の脱毛が受けられる脱毛クリニック・脱毛サロン

こちらでは今回ご紹介しているメディオスターNextPROと同様のSHR方式による脱毛が受けられるクリニック・サロンをご紹介しておきます。

アンジャッシュ・児嶋一哉の体験談動画

また、こちらのゴリラクリニックで公開されている動画では、お笑いコンビ「アンジャッシュ」の児嶋一哉さんがメディオスターNextPROを受けられている体験談をチェックすることができます。

メディオスターNextPROによって脱毛施術を受けられている様子も見ることができますが、いま照射した?と確認するほど痛みが大幅に軽減されていることをお分かり頂けるはずです。

ゴリラクリニック

日焼け肌&産毛も脱毛できる!

これまでの医療レーザー脱毛の主流としては、IPL脱毛方式というものが採用されていましたが、最近は痛みが少なく短期間で脱毛が完了するということでSHR方式も取り入れる脱毛クリニック・脱毛サロンが増えてきました。

このように脱毛方式は、IPL(インテンス・パルス・ライト)方式とSHR方式の2つに大きく分類されます。

IPL(インテンス・パルス・ライト)方式の仕組み・特徴

IPL(インテンス・パルス・ライト)方式では 黒色のメラニン色素にのみ反応する熱レーザーを照射することによって、メラニン色素が豊富に含まれる毛根に熱を伝えていきます。

そうして、毛根を伝って毛根細胞に強力な熱を伝えて焼き尽くす・熱変容させることで、発毛させることを防いで脱毛効果を得ていく方法になります。

発毛する上で重要な毛根細胞にダメージを与えますから、半永久的な脱毛効果が期待できます。

SHR方式

メディオスターNextPro,脱毛,脱毛効果,痛み

ゴリラクリニックなどでも使われているメディオスターNextPROは、このSHR方式による脱毛になります。

SHR方式では、施術部位にジェルを塗布してからジェルに反応する医療脱毛レーザーを照射していきます。

ですから、IPL(インテンス・パルス・ライト)方式では脱毛が出来ないメラニン色素の薄い産毛に対しても脱毛効果が期待できます。

その一方で、IPL(インテンス・パルス・ライト)方式のように半永久的な脱毛効果を得るのではなく、発毛を抑制(抑毛)することでツルツル・スベスベな肌を実現させていきます。

特に、IPL(インテンス・パルス・ライト)方式では痛みが強すぎるVIOラインの脱毛や顔の産毛脱毛に非常に適していると言えます。

アレキサンドライトレーザーであればIPL(インテンス・パルス・ライト)方式によるものなのですが、肌に照射すると負荷のかかった毛穴はコラーゲンの生成が活性化されていき、肌にやはり・ツヤが生まれてきます。

さらに、アレキサンドライトレーザーには体内に蓄積しているメラニン色素を破壊する効果もあるため、両ワキの黒ずみや顔のシミ・ソバカスなどを軽減・解消する効果も期待できます。

ただし、施術を始める段階であまりにも施術部位の色素沈着やシミ・ソバカスがひどい場合には、あらかじめレーザー治療でシミや色素沈着などを解消してから医療脱毛を受けた方がより高い脱毛効果が得られる場合もあります。

こちらの動画では、日焼けして褐色の肌の方がメディオスターNextPROでの脱毛施術を受けている様子をチェックしていただけます。

また、こちらの動画ではメディオスターNextPROの照射口が大きめになっていますが、ゴリラクリニックで使われているハンドピースはより小さいもののため細かい部分も正確に照射していくことができます。

冷却しながらの脱毛だから肌ダメージが少ない!

メディオスターNextPro,脱毛,脱毛効果,痛み

キャラ

メディオスターNextPROは脱毛レーザーを複数回照射することによって、バルジ領域を高温で破壊していく仕組みになっています。

ですから、最初の方はポカポカ温まるような感覚ですが、そのうち真夏の日差しにさらされているようなジリジリとした暑さを感じてくるようになります。

バルジ領域を破壊して発毛を抑制させていくためには必要なことではありますが、バルジ領域の破壊が完了したら照射口に付随している冷却口によって施術を受けた部位を即座に冷却していきます。

冷却口は冷却水によって4度から5度に冷やされていますから、瞬間的に蓄積していた熱を解消していくことができます。

実際にメディオスターNextPROの施術を受けられている方々は、熱が蓄積していくことによる痛みよりも冷却口のひやっとした感覚をより強く感じるようで肌トラブルの防止・痛みの緩和に非常に効果的です。

短期間で脱毛を完了させられる!

キャラ

IPL(インテンス・パルス・ライト)方式の場合には、メラニン色素・黒色に反応する脱毛レーザーを照射することで毛根細胞に熱を伝えて破壊することによって脱毛していました。

このため、黒々とした太い体毛が生えてくる成長期にしか脱毛施術を受けることができないといったデメリットがありました。

一度 脱毛施術を受けたら次回の施術までは2ヶ月から3ヶ月ほどは期間を空けなければならないといったことを聞いたことがあると思いますが、これは全てIPL(インテンス・パルス・ライト)方式による脱毛になります。

その一方で、SHR方式の場合には、体毛が成長期・退行期であっても脱毛施術を行うことができますから、2週間から3週間に一回の頻度で施術を受けることができます。

このように短期間で複数回の施術をまとめて受けてしまうことで、短期間で脱毛を完了させることができるという点もSHR方式を採用しているメディオスターNextPROならではのメリットですね。

ゴリラクリニックではメディオスターNextPROを使った体験談を公開していましたので、以下でご紹介していきます。

メディオスターNextPROの脱毛体験談

メディオスターNextPro,脱毛,脱毛効果,痛み

今までのダイオードレーザー脱毛機とは特性が違うため、照射時間と患者が感じる熱や痛みなどを確認します。

ダイオードレーザーのヒゲ脱毛で、強い痛みが発生する口髭を脱毛します。痛みの無さにスタッフも看護師長もビックリするほど。

撫でるよう5往復くらいで終了するため、施術時間もかなり短いです。

テスト照射のため、保護ゴーグルを外していますが実際の脱毛照射時は、保護ゴーグルで目を守ります。

メディオスターNextPro,脱毛,脱毛効果,痛み

メディオスターNeXT PROでのヒゲ脱毛効果の検証のために、別スタッフの口髭でも実施。5日ほど伸ばした口髭(鼻下)を脱毛しました。

もともとそこまでヒゲが濃くないスタッフですが、皮膚が弱いため連日髭剃りを行うとカミソリ負けをしてしまうそうです。

※写真は脱毛前で剃毛をしていない状態です。

メディオスターNeXT PROで脱毛4週間後の写真です。

同じく5日ほどヒゲを伸ばした状態で比較すると、明らかに口髭(鼻下)の毛量が減っています。

ゴリラクリニック

よくある質問&回答

メディオスターNeXT PROはレーザー脱毛なのですか?

メディオスターNeXT PROはダイオードレーザー脱毛機です。

蓄熱式(SHR方式)は、ダイオードレーザーを照射することにより、蓄熱を行います。レーザーの触媒はライトシェアシリーズなどと同じ「ダイオード(半導体)」なので、レーザー脱毛機の一種に分類されます。

メディオスターNeXT PROの脱毛間隔は短いのですか?

毛周期後期の打ち漏らしも無く、短い期間で脱毛が完了します。

通常のレーザー脱毛と異なる理論で脱毛を行いますので、毛周期後期の打ち漏らしがなく、脱毛効率が高いのが特徴です。

メディオスターNeXT PROの照射後のヒゲはすぐ抜けますか?

メディオスターNeXT PRO照射後にヒゲは抜けません

クリニックによっては、蓄熱式脱毛を行った後にヒゲが抜けると説明しているWEBサイトがありますが、メディオスターNeXT PROでの照射後にヒゲが抜けることはありません。ヒゲを再生させない作用があります。

胸や背中などの広い面積でも脱毛できますか?

広範囲照射用のハンドピースがあるので問題ありません。

メディオスターNeXT PROには、細かい照射をするハンドピースと、広い照射をするハンドピースがあります。胸部や腹部、背中など面積が広い部分はハンドピースを換えることで効率よく脱毛できます。

ライトシェアとメディオスターNeXT PROではどちらが速いですか?

メディオスターNeXT PROのほうが脱毛施術が早く終わります。

メディオスターNeXT PROは痛みが少なく、痛みでレーザー照射を中断することもありません。脱毛完了までの時間を考えても、毛周期後期の打ち漏らしも無く、日焼け肌による低出力照射などを行う必要がないので、従来のダイオードレーザーによる脱毛よりも早く終了します。

メディオスターNeXT PROの照射時の痛みはどの様なものですか?

痛みと言うよりは「熱」を感じることがあります。

蓄熱式はレーザー照射により皮下に熱を溜めるため、熱く感じることがあります。イメージは、真夏の強い日差しが当たっているような感じに近いです。また、出力によっては、レーザー光がヒゲ自体に反応することがあり、剃り味の悪いカミソリの刃に引っかかっているようなチクチクすることがあります。

メディオスターNeXT PROの照射後は肌荒れが起きますか?

蓄熱式のメディオスターNeXT PROは照射後の肌荒れは起きません。

通常のレーザー脱毛のように、レーザーエネルギーを集中させて照射し、熱衝撃を与える方法とは異なります。照射後の赤みも少なく、毛嚢炎(細菌によるニキビのような炎症)も発生しづらいので、肌のダメージが少ないのが特徴です。

なぜ日焼け肌(褐色肌)でもレーザー脱毛できるのですか?

メディオスターNeXT PROは蓄熱式レーザー脱毛だからです。

レーザー脱毛機が照射するレーザー光は、毛の黒色と反応し熱破壊を行います。レーザー光は肌のメラニン色素にも反応してしまい、火傷をすることがあります。メディオスターNeXT PROは蓄熱式なので、急激な熱破壊を行わずに脱毛を行うため、火傷のリスクが大幅に改善されています。

メディオスターNeXT PROは産毛の脱毛も出来ますか?

メディオスターNeXT PROの蓄熱式は産毛でも脱毛可能です。

産毛は色素が薄く細いのでレーザー脱毛には向かない毛です。レーザー光が反応しづらく脱毛効果が期待できないのと同時に硬毛化という毛が太くなる症状が出る場合があります。メディオスターNeXT PROは毛包とバルジへ蓄熱ダメージを与えるため、産毛でも効果があり、硬毛化は発生しづらい脱毛機です。

メディオスターNeXT PROを導入している美容クリニックが少ないのはナゼですか?

その有効性から世界的に人気が高まっているため入手困難な脱毛機だからです。

レーザー脱毛機を初めとする医療用機器は、自動車のように大量生産されるわけではありません。特に美容医療用機器は生産数が多くありません。美容外科や美容クリニックは先進国に集中しています。そして、少ない台数の生産しかしないため、販売価格は比較的高価になります。こうした理由から、全ての美容クリニックで導入できないのです。

メディオスターNeXT PROは永久脱毛が出来ますか?

従来のレーザー脱毛機同様、永久脱毛が可能です。

日本には「永久脱毛」の定義がありません。美容外科における「永久脱毛」とは、米国FDA(食品医薬品局)が定めた「レーザーを3回照射後6ヶ月経過時点で照射前と比較し67%以上の毛が減っている」状態を永久脱毛としています。そして、美容クリニックで導入しているレーザー脱毛機は、このFDAの検査をクリアし「永久脱毛が可能な脱毛機」と認定されています。もちろんメディオスターNeXT PROも「永久脱毛」が可能なレーザー脱毛機です。

メディオスターNeXT PROの脱毛後は赤みが出ますか?

今までのレーザー脱毛機と比べて、施術後の肌の赤みは出にくいです。

ヒゲのレーザー脱毛直後は、レーザー光の出力を集中させ毛根を熱破壊します。したがって肌に赤みが出る場合があります。しかしメディオスターNeXT PROは、レーザー光を断続的に照射するため、急激なダメージが発生しないため、施術後の赤みが出にくいのが特徴です。

メディオスターNeXT PROで脱毛が出来ない場合はありますか?

急激な日焼け直後や白髪(またはブロンド)などは脱毛が出来ません。

メディオスターNeXT PROは日焼け肌の脱毛は可能ですが、急激な日焼け直後の場合は、肌の安全を考えて脱毛施術をお断りする場合があります。また、白髪やブロンドの場合、レーザーによる蓄熱ダメージが十分に与えられないため、脱毛施術をすることが出来ません。

メディオスターNeXT PROの脱毛は毛嚢炎(ニキビの様な炎症)は出来ますか?

毛根の熱破壊によるダメージ少ないので毛嚢炎はほぼ発生しません。

レーザー脱毛後の毛嚢炎は、熱破壊により傷付いた毛穴に細菌が感染することにより、ニキビの様な炎症が発生します。しかし、メディオスターNeXT PROは、急激な熱破壊を起こさないので、毛穴が傷つき難く、毛嚢炎はほぼ発生しません。しかし、極めて希に毛嚢炎が発生する場合がありますので、その際は抗生剤を処方いたします。

メディオスターNeXT PROで鼻毛の脱毛は出来ますか?

ハンドピースのレーザー照射部の形状的に鼻毛脱毛が出来ません。

蓄熱式脱毛はどの部位の毛にも有効ですが、ハンドピースのレーザー照射部を脱毛部位に接触させる必要があります。鼻腔にはレーザー照射部が入らないので、メディオスターNeXT PROでは鼻毛の脱毛ができません。

ゴリラクリニック

最後に

医療レーザー脱毛には高い脱毛効果があると言っても、施術中の痛みに耐えられるか不安な方は非常に多いです。

そこで最近 脱毛効果はそのままに、痛みにを大幅に抑えられたメディオスターNextPROという医療脱毛機器に注目が集まっています。

施術中の動画を見てもらえれば、どれだけ痛みを感じにくいのかをおわかり頂けると思いますし、症例写真もご紹介していきました。

キャラ

メディオスターNextPROの主な特徴としては、痛みの大幅軽減・施術時間の短縮・脱毛期間の短縮が挙げられます。

メディオスターNextPROであれば従来の医療脱毛よりも肌トラブルになりにくいであったり、痛みがほとんどないのにしっかりと脱毛効果を実感できている方々も多くいるようです。

肌質や毛質によっても脱毛に最適な医療レーザーは変わってきますから、もし今現在受けている施術で脱毛効果が実感できないのであればお試しで受けてみるといいかもしれませんね。

ただし、白髪やブロンド・金髪にはメディオスターNextPROは対応していないというものも見受けられました。

また、まだまだ症例実績が従来の医療脱毛機と比較すると少ないため、脱毛効果を疑問視したりもう少し時間を空けてから使うべきでは?と考えている方も多いようですね。

もし、どうしてもメディオスターNextPROの脱毛効果を信じられないのであれば、痛みは伴いますが従来のアレキサンドライトレーザーなどで脱毛施術を受けると良いと思います。

それでは最後にもう一度メディオスターNextPROならではの特徴やメリットについてもう一度チェックしていきましょう。

蓄熱式のレーザー照射だから痛くない!

キャラ

IPL(インテンス・パルス・ライト)方式の場合には、一度に施術部位に対して1回しかレーザー照射を行わないため 一度で十分な脱毛効果を得るために非常に高い出力でレーザーが照射されます。

その結果、一気に肌表面の温度が上昇してしまうことで火傷などの肌トラブルが発生してしまうリスクが高まっていました。

その一方で、メディオスターNextPROが取り入れているSHR方式であれば、脱毛レーザーを複数回に分けて照射して行って最終的に毛髪の再生をコントロールしているバルジ領域という部位を破壊する仕組みになっています。

IPL(インテンス・パルス・ライト)方式のように急激な温度上昇ではなく、徐々にじわじわと温かくなるような感覚ですから、SHR方式では肌トラブルの危険性や痛みがほとんどありません。

バルジ領域って何?

ちなみにバルジ領域とは、脱毛治療の研究の結果2000年から2001年ごろに発見された幹細胞のことを指します。

幹細胞は新しい細胞をどんどんと増やしていくものですが、バルジ領域では毛髪の生成・生育重要な働きのある細胞を作りだす働きがあります。

バルジ領域から作り出される発毛因子によって毛母細胞が作られるため、バルジ領域を破壊することで新しい毛母細胞の生成・毛髪の生育を防げるという仕組みになっています。

メディオスターNextPro,脱毛,脱毛効果,痛み

アンジャッシュ・児嶋一哉の体験談動画

また、こちらのゴリラクリニックで公開されている動画では、お笑いコンビ「アンジャッシュ」の児嶋一哉さんがメディオスターNextPROを受けられている体験談をチェックすることができます。

メディオスターNextPROによって脱毛施術を受けられている様子も見ることができますが、いま照射した?と確認するほど痛みが大幅に軽減されていることをお分かり頂けるはずです。

ゴリラクリニック

日焼け肌&産毛も脱毛できる!

これまでの医療レーザー脱毛の主流としては、IPL脱毛方式というものが採用されていましたが、最近は痛みが少なく短期間で脱毛が完了するということでSHR方式も取り入れる脱毛クリニック・脱毛サロンが増えてきました。

このように脱毛方式は、IPL(インテンス・パルス・ライト)方式とSHR方式の2つに大きく分類されます。

IPL(インテンス・パルス・ライト)方式の仕組み・特徴

IPL(インテンス・パルス・ライト)方式では 黒色のメラニン色素にのみ反応する熱レーザーを照射することによって、メラニン色素が豊富に含まれる毛根に熱を伝えていきます。

そうして、毛根を伝って毛根細胞に強力な熱を伝えて焼き尽くす・熱変容させることで、発毛させることを防いで脱毛効果を得ていく方法になります。

発毛する上で重要な毛根細胞にダメージを与えますから、半永久的な脱毛効果が期待できます。

SHR方式

メディオスターNextPro,脱毛,脱毛効果,痛み

ゴリラクリニックなどでも使われているメディオスターNextPROは、このSHR方式による脱毛になります。

SHR方式では、施術部位にジェルを塗布してからジェルに反応する医療脱毛レーザーを照射していきます。

ですから、IPL(インテンス・パルス・ライト)方式では脱毛が出来ないメラニン色素の薄い産毛に対しても脱毛効果が期待できます。

その一方で、IPL(インテンス・パルス・ライト)方式のように半永久的な脱毛効果を得るのではなく、発毛を抑制(抑毛)することでツルツル・スベスベな肌を実現させていきます。

特に、IPL(インテンス・パルス・ライト)方式では痛みが強すぎるVIOラインの脱毛や顔の産毛脱毛に非常に適していると言えます。

アレキサンドライトレーザーであればIPL(インテンス・パルス・ライト)方式によるものなのですが、肌に照射すると負荷のかかった毛穴はコラーゲンの生成が活性化されていき、肌にやはり・ツヤが生まれてきます。

さらに、アレキサンドライトレーザーには体内に蓄積しているメラニン色素を破壊する効果もあるため、両ワキの黒ずみや顔のシミ・ソバカスなどを軽減・解消する効果も期待できます。

ただし、施術を始める段階であまりにも施術部位の色素沈着やシミ・ソバカスがひどい場合には、あらかじめレーザー治療でシミや色素沈着などを解消してから医療脱毛を受けた方がより高い脱毛効果が得られる場合もあります。

こちらの動画では、日焼けして褐色の肌の方がメディオスターNextPROでの脱毛施術を受けている様子をチェックしていただけます。

また、こちらの動画ではメディオスターNextPROの照射口が大きめになっていますが、ゴリラクリニックで使われているハンドピースはより小さいもののため細かい部分も正確に照射していくことができます。

冷却しながらの脱毛だから肌ダメージが少ない!

メディオスターNextPro,脱毛,脱毛効果,痛み

キャラ

メディオスターNextPROは脱毛レーザーを複数回照射することによって、バルジ領域を高温で破壊していく仕組みになっています。

ですから、最初の方はポカポカ温まるような感覚ですが、そのうち真夏の日差しにさらされているようなジリジリとした暑さを感じてくるようになります。

バルジ領域を破壊して発毛を抑制させていくためには必要なことではありますが、バルジ領域の破壊が完了したら照射口に付随している冷却口によって施術を受けた部位を即座に冷却していきます。

冷却口は冷却水によって4度から5度に冷やされていますから、瞬間的に蓄積していた熱を解消していくことができます。

実際にメディオスターNextPROの施術を受けられている方々は、熱が蓄積していくことによる痛みよりも冷却口のひやっとした感覚をより強く感じるようで肌トラブルの防止・痛みの緩和に非常に効果的です。

短期間で脱毛を完了させられる!

キャラ

IPL(インテンス・パルス・ライト)方式の場合には、メラニン色素・黒色に反応する脱毛レーザーを照射することで毛根細胞に熱を伝えて破壊することによって脱毛していました。

このため、黒々とした太い体毛が生えてくる成長期にしか脱毛施術を受けることができないといったデメリットがありました。

一度 脱毛施術を受けたら次回の施術までは2ヶ月から3ヶ月ほどは期間を空けなければならないといったことを聞いたことがあると思いますが、これは全てIPL(インテンス・パルス・ライト)方式による脱毛になります。

その一方で、SHR方式の場合には、体毛が成長期・退行期であっても脱毛施術を行うことができますから、2週間から3週間に一回の頻度で施術を受けることができます。

このように短期間で複数回の施術をまとめて受けてしまうことで、短期間で脱毛を完了させることができるという点もSHR方式を採用しているメディオスターNextPROならではのメリットですね。

ゴリラクリニックではメディオスターNextPROを使った体験談を公開していましたので、以下でご紹介していきます。

メディオスターNextPROの脱毛体験談

メディオスターNextPro,脱毛,脱毛効果,痛み

今までのダイオードレーザー脱毛機とは特性が違うため、照射時間と患者が感じる熱や痛みなどを確認します。

ダイオードレーザーのヒゲ脱毛で、強い痛みが発生する口髭を脱毛します。痛みの無さにスタッフも看護師長もビックリするほど。

撫でるよう5往復くらいで終了するため、施術時間もかなり短いです。

テスト照射のため、保護ゴーグルを外していますが実際の脱毛照射時は、保護ゴーグルで目を守ります。

メディオスターNextPro,脱毛,脱毛効果,痛み

メディオスターNeXT PROでのヒゲ脱毛効果の検証のために、別スタッフの口髭でも実施。5日ほど伸ばした口髭(鼻下)を脱毛しました。

もともとそこまでヒゲが濃くないスタッフですが、皮膚が弱いため連日髭剃りを行うとカミソリ負けをしてしまうそうです。

※写真は脱毛前で剃毛をしていない状態です。

メディオスターNeXT PROで脱毛4週間後の写真です。

同じく5日ほどヒゲを伸ばした状態で比較すると、明らかに口髭(鼻下)の毛量が減っています。

ゴリラクリニック

脱毛クリニックBESTランキング

脱毛クリニック,ランキング,おすすめ,口コミ,評判

また、コチラのページでは 当サイト:全身脱毛ツルツル研究所が独断と偏見でオススメしている脱毛クリニックをランキング形式でご紹介しています。

単純にランキングを発表しているだけでなく、脱毛クリニックを選ぶ際の判断基準絶対に選んではいけない脱毛クリニックの特徴なども分かりやすく解説しています。