ダイオードレーザー,脱毛効果,原理,口コミ,評判

  • ダイオードレーザーの脱毛効果は?
  • ダイオードレーザーなら痛みが少ない?
  • ダイオードレーザーの効果・副作用は?
  • ダイオードレーザーならシミ・ソバカスにも効果?

当サイト:全身脱毛ツルツル研究所では確実かつ大幅な脱毛効果を得たいのであれば、断然 脱毛クリニックで医療レーザー脱毛を受けるべきと伝えています。

ただし、医療レーザー脱毛にも大きく分けてヤグレーザー・ダイオードレーザー・アレキサンドライトレーザーの3種類があります。

それぞれの医療レーザーによって特徴やメリット・デメリットがありますから、今回のブログ記事をぜひ参考にしてあなたにとって最適な医療レーザー脱毛を選んでみてください。

キャラ

ダイオードレーザーはアレキサンドライトレーザーに次いで、日本で利用されている医療レーザーになります。

アレキサンドライトレーザーやヤグレーザーなどの他の医療脱毛レーザーと比較しても 脱毛効果が飛び抜けて高く、アレキサンドライトレーザーでは対応できない産毛の脱毛もできます。

また、冷却ジェルではなく冷却ガスの噴射もしくは、冷却口によって肌表面の温度を下げる仕組みになっていますからジェルならではの不快感を感じることもありません。

それでは以下のブログ記事では、より詳しくダイオードレーザーの脱毛効果や副作用などについて詳しくお伝えしていきます。

ダイオードレーザーの特徴・脱毛効果

従来の脱毛レーザーよりも痛みを大幅に軽減!

キャラ

今回のブログ記事のタイトルにもありましたが、ダイオードレーザーの脱毛効果は信頼できても、脱毛施術中の痛みが心配だと感じる方は数多くいらっしゃいます。

結論からお伝えするとダイオードレーザーは他の脱毛レーザーと比較しても大幅に施術中の痛みが軽減されていると言われています。

ウルトラ美肌脱毛,口コミ,効果

脱毛レーザーの中でもヤグレーザーは、皮膚の奥深くに生えている毛根細胞にまでアプローチすることができ、より確実かつ大幅な脱毛効果が得られるレーザーですが、その分 施術中には大きな痛みを感じてしまうと言われています。

この点、ダイオードレーザーは毛根細胞が集中している皮膚の深さにちょうどアプローチできるようになっていて、皮膚の奥深くまではアプロートしないだけ痛みは感じにくくなっていると言えます。

冷却ガスでも痛みを抑える!

さらに、ダイオードレーザーを照射する医療脱毛機器の場合には、肌表面の温度上昇を防ぐために冷却ガスがレーザー照射と同じタイミングで噴出されます。

施術中に冷却ガスを噴出させることで肌表面が高温状態になってしまうことを防ぐため、冷却ジェルを塗る必要がありません。

冷却ジェルの独特の感覚が苦手な方が非常に多いですから、冷却ジェルを使わずに短時間で脱毛施術を完了させられる点は非常に大きなメリットだと言えますね。

また、冷却ガスが瞬間的に噴出されることで、一時的に肌が麻痺したような感覚になるため、ダイオードレーザーによる痛みもより感じにくくなると言ったメリットもあります。

短時間で脱毛施術が完了する!

キャラ

ダイオードレーザーのもう一つのメリットとしては、他の方式による医療レーザー脱毛と比較して短時間で施術を完了させられるということが挙げられます。

短い時間で脱毛施術が完了できる理由は、ダイオードレーザーの照射口の大きさにあります。

アレキサンドライトレーザーの照射口は直径1cmから1.5cmとなっており、一度のレーザー照射で20本から30本の体毛に対してレーザーを照射することが可能です。

具体的な数字でいうと、両ワキの医療脱毛であればたったの5分程で完了してしまうほどです。

さらに、ダイオードレーザーの照射口は正方形の形になっていますから、レーザーの打ち漏らし・二重照射などを防ぐことができます。

また、痛みを抑えるために冷却ジェルを塗る必要もないですから、塗布時間や拭き取り時間の分も短縮することができますね。

他の脱毛方式としては電気美容脱毛といったものもありますが、電気美容脱毛の場合には毛穴一本ずつに対して施術を施していくことになります。

電気美容脱毛は一度施術してしまえば、その毛穴から再び毛が生えてくることは2度とないと言われているほど高い脱毛効果がありますが、さすがに一本ずつの施術では長時間必要になってきますし、施術に伴う痛みは非常に強いと言われています。

ちなみに、電気美容脱毛はヒゲ脱毛のように施術部位を繊細にデザインしたいと考えている方には非常にオススメです。

毛穴一本単位で施術することができますから、医療レーザーのように一気に数十本の体毛にレーザー照射するよりも自由度の高いデザインが可能になります。

電気美容脱毛が出来る脱毛クリニックは、エステティックTBCメンズTBC、そしてダンディハウスがあります。

美肌効果アリ!シミ・黒ずみも解消できる

キャラ

ダイオードレーザーはIPL方式と呼ばれる脱毛で、もともと美肌効果を得るための美顔施術のために使われているレーザーでした。

脱毛の方式は大きく2種類に分けることができます。

IPL(インテンス・パルス・ライト)方式とS.S.C(スムーススキンコントロール)方式の2つになります。

IPL(インテンス・パルス・ライト)方式の仕組み・特徴

IPL(インテンス・パルス・ライト)方式では 黒色のメラニン色素にのみ反応する熱レーザーを照射することによって、メラニン色素が豊富に含まれる毛根に熱を伝えていきます。

そうして、毛根を伝って毛根細胞に強力な熱を伝えて焼き尽くす・熱変容させることで、発毛させることを防いで脱毛効果を得ていく方法になります。

発毛する上で重要な毛根細胞にダメージを与えますから、半永久的な脱毛効果が期待できます。

S.S.C(スムーススキンコントロール)方式

S.S.C(スムーススキンコントロール)方式では、施術部位にジェルを塗布してからジェルに反応する医療脱毛レーザーを照射していきます。

ですから、IPL(インテンス・パルス・ライト)方式では脱毛が出来ないメラニン色素の薄い金髪や産毛、白髪などに対しても脱毛効果が期待できます。

その一方で、IPL(インテンス・パルス・ライト)方式のように半永久的な脱毛効果を得るのではなく、発毛を抑制(抑毛)することでツルツル・スベスベな肌を実現させていきます。

特に、IPL(インテンス・パルス・ライト)方式では痛みが強すぎるVIOラインの脱毛や顔の産毛脱毛に非常に適していると言えます。

ダイオードレーザーであればIPL(インテンス・パルス・ライト)方式によるものなのですが、肌に照射すると負荷のかかった毛穴はコラーゲンの生成が活性化されていき、肌にやはり・ツヤが生まれてきます。

さらに、ダイオードレーザーには体内に蓄積しているメラニン色素を破壊する効果もあるため、両ワキの黒ずみや顔のシミ・ソバカスなどを軽減・解消する効果も期待できます。

ただし、施術を始める段階であまりにも施術部位の色素沈着やシミ・ソバカスがひどい場合には、あらかじめレーザー治療でシミや色素沈着などを解消してから医療脱毛を受けた方がより高い脱毛効果が得られる場合もあります。

ダイオードレーザーの副作用は?

キャラ

ダイオードレーザーであればIPL方式の脱毛を受けることになりますが、一時的に副作用というか肌ダメージを受けてしまう可能性はあります。

医療レーザー脱毛であれば、毛根細胞を死滅・熱変容させることでほぼ永久的に体毛が生えてくることを防ぐことができますが、それだけ肌にも負担がかかるために肌トラブルが起きるリスクも高くなっています。

医療脱毛の場合には、肌に火傷が生じてしまうといったリスクはよく知られていますが、やけどの他にも以下のような肌トラブルの危険性があります。

医療脱毛の主なリスク
  • 施術後の赤み
  • 毛嚢炎
  • 硬毛化&増毛化
  • 打ち漏れ
  • ヤケド

考えられる主なリスクだけでもこれだけありますし、あなたの肌質や体質によってもあらかじめ把握しておくべきリスクがあります。

ただし、IPL方式のダイオードレーザーはFDA(Food and Drug Administration)・アメリカ食品医薬品局によって脱毛の安全性と永久脱毛の効果が認可されており、基本的に安全性を心配する必要はないと言えます。

FDA(Food and Drug Administration)・アメリカ食品医薬品局では世界で製造・販売されている食品や医薬品の安全性や効能を研究・認可する専門機会ですから、FDA認可が取れているIPL方式のアレキサンドライトレーザーは安全性が極めて高いと考えられます。

ダイオードレーザーの医療脱毛機器

以下ではダイオードレーザーの照射ができる医療脱毛機器とそれらを製造・販売している会社についてご紹介していきます。

メディオスターNextPRO

メディオスターNextPROが取り入れているSHR方式であれば、脱毛レーザーを複数回に分けて照射して行って最終的に毛髪の再生をコントロールしているバルジ領域という部位を破壊する仕組みになっています。

メディオスターNextPROの脱毛効果や痛みについては、こちらのブログ記事でご紹介しています。

>>メディオスターNextProの口コミ&効果!痛みや脱毛効果について

ライトシェアデュエット

キャラ

世界的には一番売れている医療脱毛機器です。

主な特徴としてはダイオードレーザーが照射される際に、照射口に皮膚が吸い込まれることで毛穴に対してより正確にレーザー照射できるとともに痛みを軽減する効果が期待できます。

クラリティツイン( ルートロニック社)

ルートロニック社は韓国の製造メーカーになりますが、クラリティツインは肌ダメージをより一層軽減させた医療脱毛機器になります。

医療レーザー脱毛の際には 少なからず肌にダメージを与えることになりますから、敏感肌や肌が弱い方が医療レーザー脱毛を受けると肌トラブルの危険性があります。

そのため、脱毛クリニックによってはテスト照射を受けてもらって、肌トラブルの危険性が高いと判断された場合には脱毛施術を受けられない場合があります。

こうしたデリケート肌が悩みで医療脱毛を避けてきた方でも、クラリティツインであればアレキサンドライドレーザー脱毛が受けられるかもしれません。

ダイオードレーザーの体験談・口コミ

続いては、これまでにダイオードレーザー脱毛で脱毛施術を受けられた方々の体験談や口コミをご紹介していきます。

蓄熱式ではなく単発式を選ぶべき?

口コミ

普通のダイオードは10年以上の症例があって効果ある主な名前を挙げるとライトシェアとベクタス。

蓄熱式のダイオードは駄目で主な名前を挙げるとメディオスター、ソプラノ、ハヤブサ。

口コミ

メディオスター以外のダイオードレーザー(ライトシェアデュエットとかソプラノとか)も効果ないのかな?

蓄熱式じゃなく単発式でやるなら効果あり?

口コミ

単発式のダイオードは効果あるよ有名なのはライトシェアデュエット以外だとベクタス

ダイオードレーザーを照射することができる医療脱毛機器には今回ご紹介したもの以外にもいくつかありますが、蓄熱式ではなく単発式の方が高い脱毛効果があると言われています。

蓄熱式のメリットとしては、肌表面が急激に温度上昇しないため肌ダメージや痛みを軽減できる点にありますが、単発式の場合には強い痛みを感じやすくなります。

口コミによっては痛みを感じなければ脱毛効果は期待できないと書いている方もいますが、結局はあなたにとって最善だと考える方式を選択するようにしてみてください。

脱毛効果は問題なし?

口コミ

機器選べるとこ行ってるけどメディオスターでとりあえず問題なく出来てるな

前他にダイオード使ってたんだけどそれより全然効果あるまあアレキも使う予定ではあるけど

そもそもレーザーって永久じゃないんだし大げさじゃね?と思ってはいるけど駄目なとこってそんなに効果ないのか

ネット上ではレーザーの種類や方式について激しい議論が繰り広げられていますが、中には特にレーザーの種類や照射の方式にこだわらずに脱毛施術を受けている方もいるようです。

それでも、口コミを見ている限りでは問題なく脱毛効果を実感されているようですから、そもそも そこまで深く考えすぎることはないのかもしれませんね。

そもそも脱毛クリニックは医療機関ですから、脱毛効果が認められていないような安全性・信頼性の低い施術はしないはずだとも考えられます。

ダイオードレーザーが受けられる脱毛クリニック

ダイオードレーザーによる医療レーザー脱毛が受けられる脱毛クリニックとしては、アリシアクリニック湘南美容外科クリニック・レディース脱毛湘南美容外科クリニック・メンズ脱毛ゴリラクリニック、そしてドクターコバクリニックなどが挙げられます。

湘南美容外科クリニックは日本国内で最大の医療脱毛クリニックですが、それだけに脱毛施術の予約が取りにくいといったデメリットがあります。

また、ゴリラクリニックはメンズ脱毛の中でも徹底的にヒゲを脱毛したい方にはオススメですが、施術部位が厳格に決められているために首回りは脱毛しきれないといった場合もあります。

当サイト:全身脱毛ツルツル研究所ではヒゲ脱毛であれば施術部位を気にすることなく都度払いで徹底的にヒゲ脱毛してもらえるドクターコバクリニックを一番にオススメしています。

また、アリシアクリニックVIOラインの脱毛技術が非常に高く、キワのキワまでアレキサンドライトレーザーでツルツル・スベスベにしてもらえます。

また、引っ越したり転勤になった場合にも、アリシアクリニックであれば施術を受ける店舗を変更することができるといった点も大きなメリットとしてあげられます。

脱毛サロンのメリット・デメリット

長期的に見るとお金の節約になる!

キャラ

脱毛サロンや脱毛クリニックで施術を行うとお金が勿体無いと感じる方も多いですが、自己処理にかかる費用と比較すると実はお金の節約にもなります。

具体的にどれだけお金の節約になるのかイメージするために、カミソリの中でもAmazon人気ランキング1位の「フェザー エフシステム サムライエッジ ホルダー」をムダ毛処理が必要となる15歳頃から80歳までの65年間使い続けることを想定して自己処理にかかる費用と脱毛サロンを利用した場合を比較してみました。

脱毛ラボメンズ,口コミ,評判

ここでは仮に、月に1回 買い換えることを想定します。

そうすると、80歳になるまで自己処理を続けるとなると以下のような計算から80万円ほどかかることになります。

65(年)×12(月)×1000(円)=780,000(円)

もし、月に1回以上買い換える場合であれば78万円以上かかってしまうことになります。

その一方で、脱毛コースであれば数万円から受けられることができますから、非常にお金の節約になるということがお分かり頂けるはずです。

脱毛サロンよりも比較的 施術費用が高くなっている脱毛クリニックであったとしても、一番高い全身脱毛でも30万円から40万円ほどですから、どれだけ脱毛施術を受けておく方が経済的か実感して頂けるはずです。

ムダ毛処理の時間・手間がかからなくなる!

ひげ剃りは男性の身だしなみとして必要不可欠ですが、毛深い方ですと每日のヒゲ・無駄毛の処理だけでもかなりの時間を割いているはずです。

たとえば、1日にたった2分でもヒゲ剃りに時間を掛けていると、年間でおよそ12時間もヒゲ剃りに時間を投資していることになります。

ですから、ヒゲや無駄毛を脱毛・永久脱毛することで、限りある貴重な時間を有効に活用することができるとも考えられます。

医療脱毛よりも比較的痛みが少ない・安い!

脱毛サロンによる施術では医療レーザーによって毛根細胞を破壊するのではなく、美容成分を浸透させることで制毛する方法がとられています。

そのため、医療脱毛の場合には医療レーザーで毛根細胞を死滅させるわけですから強い痛みを感じてしまいますが、脱毛サロンの施術であれば若干の熱を感じる程度で済みます。

医療脱毛よりも肌トラブルのリスクが低い!

医療レーザー脱毛であれば、毛根細胞を死滅・熱変容させることでほぼ永久的に体毛が生えてくることを防ぐことができますが、それだけ肌にも負担がかかるために肌トラブルが起きるリスクも非常に高くなっています。

医療脱毛の場合には、肌に火傷が生じてしまうといったリスクはよく知られていますが、やけどの他にも以下のような肌トラブルの危険性があります。

医療脱毛の主なリスク
  • 施術後の赤み
  • 毛嚢炎
  • 硬毛化&増毛化
  • 打ち漏れ
  • ヤケド

考えられる主なリスクだけでもこれだけありますし、あなたの肌質や体質によってもあらかじめ把握しておくべきリスクがあります。

脱毛サロンでも上記のような肌トラブルが起きるリスクが全くないとは言えませんが、医療脱毛と比較すれば圧倒的に可能性は低いと言えます。

医療脱毛よりは施術部位が限定される

キャラ

脱毛サロンのデメリットとしては、医療レーザー脱毛を提供している脱毛クリニックと比較して施術部位の範囲が狭いという点が挙げられます。

脱毛サロンは医療機関ではないことからも、万が一のことを考えてVIOラインなどの粘膜が露出している部位の脱毛施術は受けられないところがほとんどです。

VIOラインはワキ脱毛に次いで、女性・男性それぞれの間でも非常に人気な部位となっていますから、VIOラインを徹底的に脱毛したい場合には脱毛クリニックで医療レーザー脱毛を受ける方が良いかもしれません。

ちなみに、VIO脱毛を提供している脱毛クリニックの中でもアリシアクリニック粘膜状に生えている体毛に対しても医療レーザーを照射できる高い技術力があり、VIO脱毛を検討されている方からは特に人気があります。

施術回数が多く通院し続ける必要がある

キャラ

医療レーザー脱毛の場合には、体毛を生やしている毛根細胞そのものにダメージを与えることで半永久的な脱毛効果を維持することができます。

その一方で、脱毛サロンでの施術の場合には体毛が生えてくることを抑える方法になりますから、医療レーザーによる毛根細胞への直接的なアプローチではないために通い続ける必要があります。

一回の施術あたりにかかる時間は30分程度ですから、そこまで負担にはならないと思いますが、医療レーザー脱毛であれば5回から8回ほど受ければどんな部位であっても半永久的な脱毛効果を実感できると言われています。

施術中は生活に不便を感じる

キャラ

脱毛サロン・脱毛クリニックのいずれでも言えることですが、施術中は日光・紫外線を避けたり 当日はお風呂に入れないといった不便を感じてしまいます。

体毛を自己処理する場合であれば、自己処理した直後でも特に生活に支障は感じないわけです。

ただし、長期的に考えれば人生80年と考えても医療レーザー脱毛であれば1年から長くても2年ほどで完了すると言われていますから、それだけの時間・手間を捻出する価値は十分にあるはずです。

医療脱毛の注意点

そばかす・シミは事前に除去しておく

キャラ

そばかす・シミが顔などの施術部位にある場合には、あらかじめレーザー除去しておきましょう。

医療レーザー脱毛の際には、肌と色の異なる部位にレーザー照射して毛根細胞を焼き切る(熱変容)ことで脱毛効果を得ています。

ですから、他の肌よりも黒く変色しているシミ・そばかすがあると、その部分をレーザー照射によって意図せずして痛めてしまうことになります。

シミ・そばかすはレーザー治療によって除去してスッキリさせることができますから、脱毛施術を受ける前に事前に除去するようにしておきましょう。

アトピー・敏感肌の方はテスト照射を受ける

キャラ

アトピーや敏感肌の場合には、医療レーザーを照射すると痒みやただれなどを引き起こす危険性があります。

痒みが生じてしまうと、施術直後の肌をかきむしって肌荒れや傷跡の原因にもなってしまいます。

ですから、アトピーや敏感肌の自覚がある方は まずは医療レーザーのテスト照射を受けるようにしてください。

テスト照射であればレーザーの照射レベルが低く、痒みやタダレを引き起こす心配がほとんどありませんし、安全に脱毛施術が受けられるか判断できます。

脱毛クリニックによって、無料でテスト照射を受けられるところもありますから無料カウンセリングを受ける段階に聞いておいてください。

肌荒れ・ニキビ・傷のある場合は受けない

キャラ

脱毛施術を希望する部位に肌荒れやニキビ、傷がある場合には、医療脱毛を受けられない場合があります。

大きな傷がある場合には、そもそも毛根細胞だけを焼き切る(熱変容させる)ことが難しいです。

また、肌荒れ・ニキビによって敏感な状態の皮膚に医療レーザーを照射してしまうと脱毛効果が期待できないどころか、さらに肌荒れが悪化してしまいます。

まずは肌の状態を整えることを最優先にして、健康的できれいな状態の肌で医療脱毛に望むようにしましょう。

表面麻酔はほとんど効果がない

キャラ

脱毛サロンや脱毛クリニックでは、脱毛施術の痛みを和らげるために『麻酔クリーム』や『麻酔パック』などを有料で提供するところがあります。

ただし、基本的に表面麻酔では皮膚の0.2mm~0.3mm程度にしか麻酔効果がありませんから、痛みを抑えることは全くできません。

毛根細胞の深さはVIOラインや脇、腕などの部位によって変わってきますが、少なくとも2.0mmほどの深さはありますから表面麻酔ではカバーしきれません。

VIOライン脱毛などの特に痛みがある施術の場合には、代わりに笑気ガス麻酔を受けるようにしましょう。

笑気ガス麻酔であれば体全体の知覚を鈍らせる麻酔効果がありますから、体の深部にまで麻酔効果を届けることができます。

ただし、笑気ガス麻酔をしたからといって完全に脱毛施術の痛みを和らげられるわけではないですから、敏感な部分の脱毛の際にはある程度の痛みは覚悟してください。

産毛の脱毛に医療レーザーは向いていない

キャラ

産毛は非常に細く、色素が薄いですから、医療レーザーを照射する際に適切なパルス幅に合わせることができません。

医療脱毛は肌全体の色と異なる部位に医療レーザーを照射する仕組みになっていますから、補足色素が薄い産毛を的確に捉えることが難しいというデメリットがあります。

また、顔・頬の産毛などはあなた自身で剃毛するだけでも十分に対応できますし、剃ったからといって太くなることは基本的にありません。

もし、どうしても薄毛までスッキリと脱毛したい場合には、市販されている脱毛クリームや脱毛パックでも十分納得できる脱毛効果が得られるはずです。

剃毛サービスは脱毛部位によって判断する

キャラ

脱毛エステや脱毛クリニックでは剃毛サービスが提供されていることがありますが、状況に合わせて利用するかどうかを判断しましょう。

もし、剃毛サービスが有料で提供されている場合には、脇などのあなた自身で剃れる部分は自分で剃ってしまう方がお得です。

ただし、VIOラインのように自分では剃り残しができてしまうような場合には、IラインやOラインだけは剃毛サービスを利用することもオススメです。

また、施術料金に剃毛サービスも含まれているのであれば気にすることはないですが、肌へのダメージを考えるのであれば施術前に自分で剃っておくことも選択肢の1つです。

脱毛クリニックBESTランキング

脱毛クリニック,ランキング,おすすめ,口コミ,評判

また、コチラのページでは 当サイト:全身脱毛ツルツル研究所が独断と偏見でオススメしている脱毛クリニックをランキング形式でご紹介しています。

単純にランキングを発表しているだけでなく、脱毛クリニックを選ぶ際の判断基準絶対に選んではいけない脱毛クリニックの特徴なども分かりやすく解説しています。