ムダ毛,自己処理,薄くなる,太くなる

  • カミソリ・毛抜きはお金もかからないし、簡単にできるけど良くないの?
  • 毛を抜くと太くなるって本当?
  • 抜くか剃るか、自己処理を行うならどっちがいい?
  • カミソリの正しい処理方法は?

多くの女性が行っているムダ毛の自己処理。

みなさんどのような方法で行っていますか?

カミソリで剃ったり、毛抜きで抜くといった方法が最も手軽で多くの方が行っています。

毛が薄いところは剃ったり、太めで生えやすいところは抜いたり・・・という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

キャラ

しかし、これらの自己処理方法は、お肌への負担が大きくおすすめできない方法なのです。

また、剃るよりも抜いた方が生えてこなくなったり、太くなるなどと言われていたりもしますが、本当のところはどうなのでしょうか。

頻繁に行わなければいけないムダ毛の自己処理ですから、薄くなるのか、太くなってしまうのか、どのような影響があるのでしょうか。

ムダ毛を抜くと濃くなるという話、本当なのでしょうか。

この機会に、ムダ毛の正しい処理の仕方もチェックしましょう。

抜くと濃くなるってホント?

キャラ

ムダ毛を抜くと濃くなるという話。

毛抜きで抜いて処理をされてきた方には衝撃的ではないでしょうか。

せっかくキレイにしようと思って抜いていたのに、濃くなってしまうなんて。

濃くなってしまうと言われる理由には、1本1本の毛根は毛細血管につながっており、抜くという行為で無理やりちぎってしまっているのです。

すると毛細血管が傷つき、体は傷を修復しようとするより丈夫にしようとすることが毛も太くしてしまうんだとか・・・。

キャラ

これには医学的な根拠がないのです。

ですので、抜くことで毛が太くなるとは言い切れません。

しかし、毛を抜くことで濃くなる可能性はあると言われています。

それは毛の「硬毛化」と呼ばれるものです。

硬毛化とは、毛根への刺激によって毛が濃くなってしまうことで、産毛だった毛がいきなり濃くなる現象です。

体質によって毛を抜いたり、医療レーザーやフラッシュ脱毛を受けることで毛が太くなることがあるのです。

※科学的にはハッキリしていません。

カミソリでムダ毛を剃った場合にも、毛の根元の断面が広くなるので濃くなったり、太くなったり見えることがあります。

実際の毛の太さに変化があるわけではありません。

毛を抜くのは今すぐ止めよう

キャラ

毛を剃るよりも抜いた方が肌がキレイに見えるのでは?と思うかもしれませんが、基本的に毛を抜く処理方法が良くないのです。

ムダ毛の自己処理の中でも、1番危険なのが毛を抜くこととも言われています。

毛を無理やり引き抜くことは毛穴に非常に大きな負担がかかります。

その負担によって炎症、埋没毛、色素沈着、毛嚢炎、毛穴の黒ずみなどといったトラブルを引き起こす可能性が高いのです。

毛嚢炎とは?

毛嚢炎(もうのうえん)は、ヒゲやムダを処理した後にできる、毛穴の奥にある包に細菌が入り込むことで起こる炎症のことです。

ヒゲやムダを処理した後にできてしまった、ニキビのようなブツブツや痛み。

また、毛穴のトラブル以外にも、肌の乾燥、吹き出物、肌のたるみなどといったトラブルも起きるリスクが高まってしまいます。

負担の大きな自己処理は、お肌によくありません。

剃るか抜くかの処理方法なら、剃る方法をおすすめします。

ただし、間違ったそり方では肌トラブルなどを引き起こしますので、正しい剃り方を知る必要があります。

カミソリによる処理の仕方

キャラ

カミソリで処理をされている方も多いですよね。

カミソリは、お風呂に入ったときなど手軽にサッと剃れるから処理が行いやすく、お金もかからないというメリットがあります。

しかし、剃り方によってはお肌へ大きなダメージを与えてしまい、肌トラブルなどの原因となりますので、正しい剃り方で処理することが大切なのです。

こんな剃り方をしていませんか?

キャラ

こんな剃り方をして処理を行っている方は、すぐにでも処理を止めてください。

NGな剃り方
  • 逆剃り
  • カラ剃り
  • 肌に押し付けて剃る

逆剃りは、毛の流れに逆らって剃ることですが、毛が長いまま剃ると何度も同じ箇所を繰り返して剃ってしまうので、ダメージを受けやすいのです。

また、しっかり根元から剃りたいからといって、皮膚に押し付けるのもNG。

肌も一緒に削り、傷つけてしまいます。出血してしまうこともあるのです。

カミソリを使用する際に、クリームやシェービングフォームなどを塗らずに剃るというカラ剃りは、肌を傷つけている行為でしかありません。

カミソリでの正しい処理の仕方

毛を剃る前のポイント
      • 毛を十分に柔らかくしておく
        (湯船に浸かる、またはホットタオルなどで水分を与える)
      • 毛が長い場合はある程度カットしておく
      • カミソリは清潔なものを使用すること
        (古いカミソリは肌を傷つける原因にもなるので、新しいものを使用するようにしましょう。)

ではここからが毛の剃り方についてです。

カミソリの手順
  • 処理をする部分にシェービングクリームやシェービングフォームを塗ります。
  • カミソリを毛の流れに剃って肌にそっと当てます。
  • 毛の流れとは逆に剃ります。
  • 剃り終えたらぬるま湯で流します。(ホットタオルでふき取ってもOK)
  • 冷たいタオルでクールダウンし、毛穴を引き締めます。
  • ローション、クリームなどで保湿ケアを行う

毛を剃るときには、カミソリを動かす方向に軽く引っ張ると強く押し当てなくても深めに剃ることができます。

また、剃り終えた後はゴシゴシ擦ったりしないこと。

肌を優しく扱い傷をつけないようにするのがポイントです。

処理後のお肌はとても敏感な状態にあります。

乾燥しやすい状態でもあるので、最後に必ず保湿ケアを行うことを忘れないようにしましょう。

乾燥を予防することで、肌トラブルのリスクを軽減することができますからね。

自己処理方法はたくさんありますが、カミソリや毛抜きといった最も手軽な方法は多くの方が行っています。

キャラ

太くなる、薄くなる・・・など様々な情報が溢れていますが、医学的根拠は今のところありません。

自己処理を続けるなら、正しい方法で行い少しでも肌への負担を軽減して安全に行いましょう。

また、医療レーザーや脱毛サロンなどでプロの技術で脱毛することも安全な方法です。

ムダ毛と上手に付き合って、お肌に優しいお手入れをしていきましょう。

以下のブログ記事でも ムダ毛に関する悩み・疑問を解決する内容を取り扱っていますので、ぜひ参考にして見てください。

>>ムダ毛処理でワキガは治る?永久脱毛するとワキガになる?

>>【女性向け】ムダ毛を薄くする・細くする方法11選!

>>【体毛濃い女性の悩み】ムダ毛・すね毛のせいで恋愛できない?

>>ムダ毛の自己処理!剃るより抜く方が薄くなる?太くなる?

>>ムダ毛は抜くと生えなくなる?毛が生えてくるとかゆい理由は?

キャラ

また、ムダ毛の事故処理方法としてはブラジリアンワックスという選択肢もあります。

ブラジリアンワックスに関する悩み・疑問については、以下のブログ記事も参考にして見てくださいね。

>>アンジェリカワックスだと抜けない?失敗しないためのコツ5選

>>ブラジリアンワックスでセルフ脱毛!自宅でのやり方&コツ

>>アンジェリカワックスは痛い&肌荒れの危険がある?

>>手作りのブラジリアンワックスのメリットは?作り方&保存方法!

>>ブラジリアンワックスで鼻毛脱毛!使い方や販売価格について

>>アンジェリカワックスの口コミ&評判!使い方のコツ・痛みについて

それでは最後に、脱毛をするなら断然オススメな脱毛サロン:ミュゼプラチナムについてご紹介していきます。

ワキ脱毛を受けるならミュゼプラチナムで決まり!

公式ページへ

ワキ脱毛がしたいなら、脱毛サロンの業界で売上・店舗数が5年連続1位となっている最大手「ミュゼプラチナム」がオススメです。

現在はワキを含む5部位(両ワキ・Vライン・腕・脚・背中)の脱毛コースをたったの500円で受けることができます。

たったの500円で受けられるといったキャンペーンも脱毛サロンであるミュゼプラチナムならではの魅力ですね。

脱毛クリームや家庭用脱毛器を活用する方法もアリですが、500円で5部位の脱毛コースが受けられるのは流石に破格です!

ミュゼプラチナムでワキ脱毛をする際の注意点

ミュゼプラチナムの500円脱毛キャンペーンは、あくまで5部位の脱毛コースを申し込むことが条件となっています。

どういうことかというと、5部位(両ワキ・Vライン・腕・脚・背中)の脱毛コースではなく両ワキだけの脱毛コースになるとキャンペーン対象外となってしまいます。

ですから、腕や背中などの脱毛は全く必要がなかったとしても、5部位の脱毛コースを申し込んだ方が結果的にお得になりますから、申し込む際には注意するようにしてください。

さらに、500円脱毛キャンペーンはウェブから無料カウンセリングを予約するということも条件の一つになっていますからご注意ください。

たとえば、ミュゼプラチナムの無料カウンセリング予約を電話などから完了させてしまうと、キャンペーン対象外となってしまうわけです。

こうなると、せっかく500円で受けられた5部位の脱毛コースも通常料金になって非常に割高になってしまいますから、確実にインターネット上から予約するようにしてください。

キャンペーン情報&予約はこちら

まとめますと、ワキ脱毛をどこよりも安い500円で受けるためには以下の2つの条件を満たす必要があります。

  • ミュゼプラチナムの無料カウンセリングをウェブ予約する
  • 5部位(両ワキ・Vライン・腕・脚・背中)の脱毛コースを申し込む

両ワキしか脱毛する必要がなかったとしても、5部位の脱毛コースに申し込むことだけは忘れないようにしてください。

また、電話による無料カウセリング予約もキャンペーン対象外となってしまいますから、必ず以下のリンクから無料カウンセイングを予約するようにしてください。

こちらのリンクから無料カウンセリングを予約していただければ、確実に500円脱毛キャンペーンを適用してもらえます。

キャンペーン情報&予約はこちら

Vライン脱毛もミュゼプラチナムが断然お得!

公式ページへ

Vラインの脱毛もワキ脱毛と同じ理由で ミュゼプラチナムが圧倒的にお得となっています。

現在はVラインを含む5部位(両ワキ・Vライン・腕・脚・背中)の脱毛コースをたったの500円で受けることができます。

たったの500円で受けられるといったキャンペーンも脱毛サロンであるミュゼプラチナムならではの魅力ですね。

脱毛クリームや家庭用脱毛器を活用する方法もアリですが、500円で5部位の脱毛コースが受けられるのは流石に破格です!

ミュゼプラチナムでワキ脱毛をする際の注意点

ミュゼプラチナムの500円脱毛キャンペーンは、あくまで5部位の脱毛コースを申し込むことが条件となっています。

どういうことかというと、5部位(両ワキ・Vライン・腕・脚・背中)の脱毛コースではなくVラインだけの脱毛コースになるとキャンペーン対象外となってしまいます。

ですから、腕や背中などの脱毛は全く必要がなかったとしても、5部位の脱毛コースを申し込んだ方が結果的にお得になりますから、申し込む際には注意するようにしてください。

さらに、500円脱毛キャンペーンはウェブから無料カウンセリングを予約するということも条件の一つになっていますからご注意ください。

たとえば、ミュゼプラチナムの無料カウンセリング予約を電話などから完了させてしまうと、キャンペーン対象外となってしまうわけです。

こうなると、せっかく500円で受けられた5部位の脱毛コースも通常料金になって非常に割高になってしまいますから、確実にインターネット上から予約するようにしてください。

キャンペーン情報&予約はこちら

まとめますと、Vラインの脱毛をどこよりも安い500円で受けるためには以下の2つの条件を満たす必要があります。

  • ミュゼプラチナムの無料カウンセリングをウェブ予約する
  • 5部位(両ワキ・Vライン・腕・脚・背中)の脱毛コースを申し込む

Vラインしか脱毛する必要がなかったとしても、5部位の脱毛コースに申し込むことだけは忘れないようにしてください。

また、電話による無料カウセリング予約もキャンペーン対象外となってしまいますから、必ず以下のリンクから無料カウンセイングを予約するようにしてください。

こちらのリンクから無料カウンセリングを予約していただければ、確実に500円脱毛キャンペーンを適用してもらえます。

キャンペーン情報&予約はこちら

脱毛サロンのおすすめランキングBEST3

脱毛サロン,口コミ,ランキング,比較

こちらのページでは当サイト:全身脱毛ツルツル研究所が自信を持ってオススメする脱毛サロン3選をランキング形式でご紹介しています。

脱毛サロンならではのメリット・デメリット、脱毛のお手入れを受ける際の注意点などについてまとめてチェックすることができます。

脱毛クリニックBESTランキング

脱毛クリニック,ランキング,おすすめ,口コミ,評判

また、コチラのページでは 当サイト:全身脱毛ツルツル研究所が独断と偏見でオススメしている脱毛クリニックをランキング形式でご紹介しています。

単純にランキングを発表しているだけでなく、脱毛クリニックを選ぶ際の判断基準絶対に選んではいけない脱毛クリニックの特徴なども分かりやすく解説しています。